免許日記〜教習所日記中編

3回目の教習 (4こまめ)12月19日(木)

この日はバスを使わず、歩いて行った。歩くと10分くらい。
いつもの通り電話をして、送迎を頼む。
教官は女性のM先生。
ジャージだった。(いつもの人はスーツ)他の教官に聞いた所、ジャージの人はバイクも教えるんだって。

ハキハキしてて面白い先生だった。
相変わらずS字、クランク。
あと、直線でスピードに慣れようということで50キロくらい出してみた。
今までブレーキが怖かったけど、手だと早めにできるから、いいなーって思った。
もう足じゃ運転できないね。きっと。

1時間だけだったから、すぐに終わってしまった…

4回目の教習 (5こまめと6こまめ) 12月20日(金)

教習は2時間で、間に1時間休み時間。
最悪なことに、朝電車の事故か何かで、電車が遅れていたから、つくのがギリギリ。
いつもは早めに着いている。
教習所のトイレが2Fしかないから、駅でトイレに行くようにしてるんだけどね。
そういう時間もみて、いつもかなり余裕持っている分、遅刻せずについたんだけど。

教官は2こまとも、男性のA先生。
1時間目は、所内でS字・クランクの練習。
やっとアクセル・ブレーキを間違えなくなったし、カーブも曲がれるようになってきた。

1時間目の終わりころ、先生にじゃあ、外行ってみようか、次。と言われた。
教習原簿を見たら、路上可と書かれていた。
あき時間の1時間は、2Fでココアを飲んでトイレ行って…

2時間目に迎えに来てくれたとき、このまま外行くから…って。
運転席に座って、発進。
オイオイ。いいのかよ(-_-;)と思いながら。

うちの方の教習所の道に比べると、むちゃくちゃ怖い。
車線変更だらけだし。 途中、止めてしまってどうしようとか思った。
確認が苦手だねーって言われた。
こんな道、生まれて初めて走ったんですけど…
路上、怖いなー。 慣れるのに時間掛かりそう。

教習が終わって送ってもらって車を降りたら、1こまめの時のO先生に会った。
ちょっと話をした。 1こまめに比べれば上達はしたけど…
外行ってきたけど、怖かったです〜 と言ったら、でも無事帰ってきたんでしょ? と言われた。
そりゃ、帰ってきたけど、一人だったら事故ってたかも。。
うーん、運転奥が深い。

MEGA WEB@お台場 12月21日(土)

トヨタで試乗ができる日。1ヶ月に2時間だけ、福祉車両専門の日がある。
この間電話で話した担当の人に、トヨタの展示場についてから電話をした。
迷いつつ、その人に会うことができたけど、Mさんは車椅子だった。
でも、車椅子の人だからって聞いてなかったから…ちょっとビックリ。

試乗の場所まで行って、改造について話を聞いて…
ファンカーゴとカムリに試乗。
ファンカーゴはF社製の手動装置、カムリはN社製。
教習所はF社製だから、F社の方が乗りやすかった。
車自体の大きさもあるけど…
イプサムもどうです?っていわれたけど、乗らなかった。怖いもん。

試乗は1周1.4キロくらいで、1台2周可。
計4周した。
カレスト座間より広いし、面白いコースだった。
戦車がおいてあってよけたりとか、庭園みたいなところを通ったりとか、信号があったりとか。
ハンドルがパワステ軽減車だったのだけど、やっぱり軽い軽い。
マーチより軽かった。私にはこれくらいがいいのかもって思った!
Mさんが家に来て、ためしにうちのDUETにノブだけつけて、それでまわしてみて平気そうなら改造。
だめそうならマーチかヴィッツのパワステ軽減になるかな。マーチはパワステ軽減にかなりお金が掛かるらしい。ヴィッツはまだ聞いてないのだ。

戻る